低分子コラーゲンってなに?
お肌のトラブル

低分子コラーゲンってなに?

コラーゲンは、人の体の多くの組織に分布しているタンパク質のひとつです。
これ自体は、人の体の中で生成されますが、その元になっている物質はアミノ酸です。
食事などからタンパク質を摂りますと消化吸収の段階で、(高分子の)タンパク質が(低分子の)アミノ酸に分解されて体内に取り込まれます。

例え(動物などの肉などから)コラーゲンを食したとしても、最終的にはアミノ酸に分解されますので、そのまま体内にあるものと置き換わることはありません。
一旦アミノ酸に分解されて体内に取り込まれた後は、それぞれの目的に従ってタンパク質に作り変えられるのですがこれもタンパク質ですから同様に作られます。
ただ、元になるアミノ酸は、タンパク質の種類によって違ってきますので、これが作られる時に使われるアミノ酸は、決まった種類のものが使われます。

食事などによって体内に入ってきたタンパク質は、一様に消化吸収されるわけではありませんので、中には吸収の良いものもありますが、吸収されにくいものもあります。
一般に、低分子のタンパク質のほうが体への消化吸収良いとされていますので、効率良くこれ(タンパク質)を生成するためには、低分子コラーゲン(タンパク質)と呼ばれる物質が好まれます。
このような低分子コラーゲにコラーゲンペプチドと呼ばれるものがあります。
これは、コラーゲンを酵素によって分解して低分子化したものですが、体内でコラーゲンを生成する時に使うアミノ酸を含んでいることでサプリメントなどによく使われています。

また、保湿性があることから化粧品にも使われています。
同様な低分子コラーゲンには、コラーゲントリペプチドなどもあります。
トリペプチドの意味は、3つのアミノ酸でできているというもので、コラーゲンと比べますとかなり分子量が小さいので、体への吸収も良くなります。
しかし、サプリメントなどに含まれている低分子コラーゲンは、製品によって純度にばらつきがありますので、説明書などをよく調べてから使用するようにしたいものです。

Copyright© 2011 お肌の潤いに欠かせない栄養素 All Rights Reserved.