そもそもコラーゲンってなに?
お肌のトラブル

そもそもコラーゲンってなに?

コラーゲンは、人の体を作っているタンパク質の一種です。
皮膚や骨、関節、臓器、血管などの組織内に存在していますが、それぞれの組織によって違う型のものが使われています。
このコラーゲンは、食事などで体に吸収されたアミノ酸を元に体の中で作られますが、歳と共に作られる量が減ってきますので、体の中にあるその量も減ってきます。

このようなことから、歳をとりますと皮膚の弾力がなくなってきて、乾燥して、シワも多くなりますが、これは皮膚の中にあるコラーゲンが減少したために起こると考えられています。
また、関節などの軟骨もコラーゲンで作られています。
歳をとりますと関節痛などに悩まされる人が多くなりますが、これもコラーゲンが減少してくることが原因の一つだと考えられます。

目に見えないところでは、血管の老化、内臓や脳なとの老化もコラーゲン不足がその理由の一つとも言えなくはありません。
この不足は、年齢もありますが、その材料となるアミノ酸の摂取が足りないために起こります。
普通は食事でタンパク質(アミノ酸)を取り入れますので、コラーゲンの多い食材をいくつかあげておきます。

よく言われていますのが、鳥の皮、手羽先です。
また、豚骨、豚の細切れ、牛すじ、フカヒレ、うなぎ、すっぽんなどもこれが多い食材です。
しかし、食事からだけでコラーゲンを摂るのは、なかなか難しいことで、だいたい一日に摂取が必要な量の数分の一程度にしかならないと言われています。

そこで、効率良く外部から補給する目的で作られたものが、コラーゲンのサプリメントです。
今製品化されているこのようなサプリメントは、その数が多く、選ぶのに困りますが、吸収の良さでしたらドリンクタイプのもの、コストパフォーマンスで選ぶのでしたら粉末タイプ、効き目重視でしたら原液タイプというようなことを目安にしてみたらどうでしょうか。
また、美容クリニックなどの医療機関では、コラーゲンなどを直接皮膚に注射することで肌の若返りを実現する方法もとられています。

Copyright© 2011 お肌の潤いに欠かせない栄養素 All Rights Reserved.