飲むコラーゲンの効果
お肌のトラブル

飲むコラーゲンの効果

コラーゲンは、タンパク質の一種で、人の体には皮膚、骨、関節、靭帯など多くの部位に存在しています。
その効果では、美肌などの美容関連で語られることが多いのですが、関節炎などの病気の予防にも効果があります。
美容関連では、美肌の他に髪の毛が太く丈夫になりツヤや弾力が戻ってくる効果やもろくなって割れやすい爪が丈夫になるというような効果があります。

また、歳と共に弱くなる骨を丈夫にすることや関節などの不具合を未然に予防すること、傷などが治りやすくなることなども知られています。
飲むコラーゲンは、食事などで摂取しきれないものを補給するという意味があります。
毎日の食事だけでは、必要とされる量を摂るのが難しいですからサプリメントを利用しますと簡単に摂取できます。

サプリメントの中に入っているコラーゲンは、食事として摂るコラーゲンと異なり体に吸収しやすいように各メーカーが工夫をこらしていますので、効果という面ではすぐれています。
コラーゲンのサプリメントには、液体ドリンクのものもあります。
このような製品は、ただ開けて飲むだけですから手間もかからず容器の破棄も簡単です。

また、製品によっては、コラーゲンが10000mg含有というものもあり、一日に摂取が必要な量を一本で済ませることができます。
飲むコラーゲンを摂取する時には、ある程度の期間飲み続けることで効果が出てきますので、早急な効果は期待できません。
少なくとも40日、出来れば90日位は続けて摂取してみて、その効果が現れてくるのを待ちます。

一日の摂取量は、美容関連でしたら5g(5000mg)程度は必要だと言われていますので、摂取量も計算して飲み続けるときっと効果が現れることでしょう。
コラーゲンと一緒に摂取するとより効果的なものに、(コラーゲンを構成しているアミノ酸以外の)タンパク質とビタミンCがあります。
これらを同時に摂取することで、体内でコラーゲンが生成できやすくなり、また、壊れにくくなるそうです。

Copyright© 2011 お肌の潤いに欠かせない栄養素 All Rights Reserved.