気になるコラーゲン化粧品の効果
お肌のトラブル

気になるコラーゲン化粧品の効果

コラーゲンは、体のあらゆる組織で使われているタンパク質のひとつです。
体内のコラーゲンが減少しますといろいろと不都合が出てきますが、外見上わかりやすいのが、皮膚に含まれているものが減少してきた時に現れる乾燥肌、シワやたるみなどです。
このためにこれを外から補給することで減少分を補えたらと考えて製品化されたものにコラーゲン化粧品があります。

コラーゲン化粧品は、直接肌の中に浸透して皮膚の一部になるという効果はないのですが、その保水性、保湿性によって肌にうるおいを与えようとするもので、天然成分であるものの安全性にその価値があるとされています。
これは、コラーゲンは、元々皮膚の中にある物質ですから肌に直接塗ったとしても肌のトラブル等は考えられませんし、かえって親和性があるために保湿性などの効果が高くなります。
また、これを肌に塗ることで、体(皮膚)が察知して、体内でのコラーゲンの生成を促す効果もあるという報告もあるそうです。

ただ、化粧品は、肌のケアが第一ですからコラーゲンだけが成分ではその用をなさないため、他の成分も同時に含まれています。
コラーゲンとともによく使われる成分には、ヒアルロン酸やセラミド、各種アミノ酸、ビタミン類、植物エキスなどがありますが、いずれも天然由来の原料を使用して、人工的な添加物をなくした無着色、無香料、無鉱物油など安全性を強調した製品が多いのも特徴です。
こうしたコラーゲン化粧品には、用途によって使い分けられるのが普通で、乾燥肌の保湿を重視するものや夏場などの紫外線予防を重視するもの、年配者の肌の衰えをケアするためのものなど目的により種類が豊富にあります。
また、化粧品の数ある種類、例えば、化粧水、乳液、クリームなどを一つにまとめて利便性もよく、コスト的にも優位な製品も開発されております。
コラーゲン化粧品の効果についてまとめますと、肌との相性がよく、保湿効果が高く、紫外線など外部からの刺激を緩和することができることなどが代表的なものです。

Copyright© 2011 お肌の潤いに欠かせない栄養素 All Rights Reserved.