お肌のハリを保つために欠かせないコラーゲン
お肌のトラブル

お肌のハリを保つために欠かせないコラーゲン

赤ちゃんや子供の肌は、プルプルしていますが、これは、皮膚にコラーゲンが豊富にあるからです。
皮膚は三層の構造をしていますが、一番表にあるのが表皮で血管などは通っていない組織です。
その下に真皮がありますが、この組織の七割ほどがコラーゲンで、その間に水分を蓄えているヒアルロン酸やエラスチンが存在します。

このような真皮のおかげで、みずみずしく弾力のある肌が実現しています。
ところが年齢と共に真皮にあるコラーゲンは少なくなってきます。
どうしてかと言いますと、元々これは、体内でアミノ酸から作られるのですが、この生成能力が年齢が上がるに従って減退してしまうからです。

こうして、コラーゲンが減ってくるに従って、皮膚の弾力は失われ、かつ水分も保持できにくくなりますので、乾燥しやすくなります。
現実には、シワが増えたり皮膚自体がたるんできて、顔の場合には、重力のせいで全体的に垂れ下がってきます。
これらを老化現象と言ってしまいますとそれまでですが、足りなくなったものを外部から補給することで、すこしでもハリのある若々しい肌を実現することができます。

コラーゲンのサプリメントを摂取するのが一番手軽な方法です。
このようなサブリメントは、体に吸収しやすい形でのコラーゲン(の元になるタンパク質、アミノ酸)が使われていることが多いですから、体内でのコラーゲンの生成に大きく影響します。
いろいろな(原料の)製品が出ていますので、自分合ったものを使うとより効果的です。

サプリメント以外では、主に肌の保湿を目的としたコラーゲン含有の化粧品を使うのもハリのある肌を保つ方法です。
コラーゲンが肌の表面に膜を作って水分の蒸発を防ぎますので、保湿、保水効果があります。
また、この膜は、シミなどの原因となる紫外線など、外部からの刺激を緩和する役目も果たします。
もうひとつは、美容クリニックなどの医療機関で行われている方法ですが、コラーゲンなどの肌に良い物質を直接肌に注射することも効果的です。
これは、足りないものを足してしまうという単純な発想から行われているのですが、ある一定期間はハリのある肌が持続しますし、即効性もあります。

Copyright© 2011 お肌の潤いに欠かせない栄養素 All Rights Reserved.